MENU

パルスサーベイPulse Survey

即時性の高いフィードバックによる
定量データ観測

日本能率協会総合研究所
HRアナリティクス研究室のPulse Survey

本格的な分析を担保しながら、スピードと準備の手軽さに加え、動的なダッシュボードを納品するので、社内の様々なシーンでデータを探求することが可能です。また、より深い気付きをタイムリーに得ることで、早急に判断が必要な検討事項の材料にすることや、新しい取り組みに対する効果確認にも最適です。

あなたの会社でこのような事、
起きていませんか?
Is there any troubles?

  • 人事評価を行っているがこのままで良いのか誰もわからず現状維持
  • 調査の運営に時間がかかり、結果が出たころには状況が変わっている
  • 退職者が多い部署、誰もが課題を雰囲気で把握してるが実情は不明

Pulse Surveyなら

高頻度サーベイで組織の現状と時系列変化を可視化し、
エンゲージメント向上や組織課題改善につなげる調査が可能に!

Pulse Survey導入のメリット

対象を柔軟にスケーリングして
視点別の調査・分析も行えます。

年に一度のセンサスのような全社調査のみならず、必要に応じた最小単位での調査実施も可能です。

全社単位 施策展開のPDCAサイクルに合わせた全社単位の定量評価として。大規模意識調査の簡易化・コストダウンとして。
部門単位 全社単位の大規模意識調査と切り離した、特定部門の課題感にフィットした項目体系による定量評価として。
階層単位 特定の役職(ミドルマネジメント層など)/世代(ミレニアル世代など)を対象にした意識調査として。

対自由度の高い任意調査設計に加え、
豊富な調査テーマに標準項目を搭載。

考えつくされたテーマ別の標準項目を用意しているので、標準項目を軸に、独自の指標のみ検討することで、大事な視点を落とさずにオリジナルの調査を行うことも可能です。また、ゼロベースでも一部追加でもオリジナルのダッシュボードを作成することも可能です。

ディーセントワーク
従業員一人ひとりのディーセントワークの状況を、「公平・公正」「能力開発」など9つの要素から測定
エンゲージメント
エンゲージメントを“従業員と会社の相思相愛状況”として捉え、 「個人の貢献意欲」「会社の(知人への)推奨意向」を測定
コンプライアンス
ハラスメントなど、各事象の実態(有無や内容)他、業務負荷・コミュニケーションなど職場状況を測定

フィードバックまで最短3〜5営業日以内。
多様な分析軸なのに即時性あり!

調査終了後、ローデータ確定時点から3~5営業日程度でフィードバック可能となります。
基本属性は《所属》《職位》となりますが、“性別”や“職種”など分析軸の追加にも対応しております。

パルスサーベイだけで満足させません。
調査の後は
分析と活用まで!for HR Analytics

HRの分析に特化した、
日本能率協会総合研究所 HRアナリティクス研究室が
活用方法までサポートします!

意識調査結果に人事データなどを掛け合わせることで、機械学習を用いたより深いデータ分析が可能となります。データの可視化による現状把握のみならず、経営課題解決に向けた将来の予測モデル作成などのご支援をいたします。また、分析後のデータ活用方法・現場における運用までご支援が可能です。

JMAR
日本能率協会総合研究所とは?
前身母体は1942年設立の「社団法人日本能率協会」。1984年に調査研究事業「総合研究所」と情報サービス事業「マーケティング・データ・バンク」の二つの事業部を分離独立させて出来た企業です。

CONTACT

人事・組織改革に新しい脈動を。
HRAの分析活用サービス、ぜひご利用ください。

お電話でのご相談は(平日 10:00-18:00)
03-3434-6282
資料も各種ご用意しております!
ダウンロード申込